MENU

断食の減量する方法。

酵素を使ったファスティングダイエットの方法が、ネットや雑誌などを介して世の中に氾濫しています。

 

ですが、きちんとした知識をもって、正しく安全なやり方で、酵素ドリンクもちゃんと安全で効果の期待できるものを選んで行う必要があります。
そうしないと、ダイエットに失敗してしまうだけでなく、リバウンドして逆に太ってしまったり、体調を崩したりしてしまうこともあります。

 

そもそも本来ファスティングは、体重を減らすのが目的ではなく「断食を用いた健康療法」なのです。

 

 

様々な芸能人やモデルさんが酵素ドリンクでダイエットに成功し、テレビや雑誌でその方法などが取り上げられました。
そして、ファスティングのダイエット効果の部分ばかりがクローズアップされるようになりました。
例えば、浜田ブリトニーさん等は、とても有名ですよね。

 

でも、当然のことですが、全員が減量に成功するわけではありません。
ダイエットに失敗しないためにも、酵素のはたらきやファスティングのメリット、デメリットをちゃんと理解したうえで、行うようにしましょう。
このページでも解説しているので、参考にして下さいね。

 

酵素ファスティングの基礎知識

ファスティングとは、英語のfast(ファスト)から由来していて、断食する、絶食するという意味があります。
酵素ドリンクを使ったものに限って言う訳でも、ダイエットのことを直接指し示す言葉でもありません。

 

断食というとインドかどこかの国の、つらい水だけの絶食や修行のようなもの・・・というイメージがあるかもしれませんが、ファスティングの方法や期間は実に様々です。
そのため、完全な絶食のことだけを意味するものではありません。

 

近年、一般的にファスティングという言葉が指すものは、完全絶食の断食ではなく、酵素ドリンクを飲みながら行うプチ断食、ファスティングでダイエットを行うことを広い意味で表わしているようです。

 

水だけの断食だと精神的な苦痛や、程度によっては肉体的な負担も伴います。
それが酵素ファスティングなら、最低限のカロリーと栄養を摂取しながら断食が行えるので安全なんですね。
日常生活に支障もなく比較的に気軽に行えることから芸能人やモデルさんを発端に、効果のあるダイエット方法として急激に広まってきました。

 

ファスティングに酵素ドリンクを用いる理由は、長期間醗酵させた酵素エキスの含まれたドリンクには良質のミネラル、ビタミンが豊富で、アミノ酸、絡酸などの栄養素が低分子(細かい状態)で含まれているので吸収がよく内蔵の負担が減るからです。
実際、減量に成功している人が大勢います。

 

そのため酵素ファスティングは、ダイエットから美容、健康、体調管理など広い意味で人気の方法です。
多くの一流スポーツ選手や芸能人、また各界の著名人、企業の経営者等の体調管理から、一般家庭でのダイエットまで広く取り入れられています。

 

 

酵素ファスティングのここがスゴイ・その1

先述の通りで、ファスティングは、そもそもダイエット方法として生まれたものではないのです。
酵素ドリンクが多く市場に出まわるようになったのもつい最近の話。
期待できる効果は、ファスティングを行うことによって日頃休みなく働き続けている内臓に休息を与えることができる点です。

 

その休息期間が長ければ長いほど、体はそれまでに溜め込んでいた有害物質を体外に排出することができるようになるので、その排出を促すのが酵素ドリンクです。
肉体の休息のためには体を休めたり、脳の休息にはリラックスしたり睡眠を取るなどと意識できるものですが、内臓の休息というのを意識する方は少ないですよね。

 

酵素ファスティングは、ダイエット効果が期待できる方法なのは勿論のこと、それと同時に体内をリセット、デトックスができる健康療法なのです。

 

現代人には必要なファスティング

体内での栄養素の処理は、
「消化・吸収・排出」
で成り立っています。

 

まず第一に、現代人には特にファスティングが必要といえます。
飽食時代であると同時に食の欧米化で脂肪分やカロリー過多に偏りがちな現代では、ダイエットを意識している、していないに関わらず、食べ過ぎ傾向の人が多く酵素が不足しがち。

 

この消化・吸収・排出という作業が追いつかず、かなり困難なものになっているのです。
それに加えて、加工食品やコンビニ製品などから食品添加物やトランス脂肪酸などを知らず知らず摂取している場合も多く、消化作業には大変な負担が強いられてきます。

 

 

冷たいドリンクやジャンクフード等が次々と体内に押し寄せてきて、「少しは休ませろ〜」という内臓の叫びが聞こえてきそうです。。
ダイエット目的でない方にも酵素ファスティングは有益な方法なのですね。

 

食べ物からだけでない有害物質

更には、内臓に負担をかけるのは食べ物からの有害物質だけではありません。

 

呼吸から

大気汚染、タバコ(主流煙・副流煙)、排気ガス等

 

皮膚から

化粧品や洗剤などに含まれている化学物質、環境ホルモン

 

など、臓器は様々な有害物質を取り入れ、排泄しきれていない状態と言えます。
消化、吸収の部分に過度の負担がかかると、これらの排泄が十分に機能しません。
まずは疲労困憊の臓器をお休みさせて、機能を回復させることがダイエットにも、体のためにも良い方法なのです。

 

 

酵素ファスティングのここがスゴイ・その2

ダイエットだけでなく、アンチエイジングの効果も…。
最近の研究では断食のように体が飢餓状態になることで、長寿遺伝子と呼ばれている「サーチュイン遺伝子」という長寿に効果のある遺伝子を活性化させるということがわかってきました。
テレビなどでナグモクリニックの院長・南雲先生の極端に食べる物を少なくするアンチエイジング・健康法が話題になりましたが、酵素ファスティングの効果についてはそれに相通ずるものがあります。

 

以前から動物に対して行った研究により、餌を豊富に与えるよりも少なく与えた方が長生きすることはよく知られていました。
食べ物は多すぎない方が遺伝子レベルで長生きできると証明されているのです。
よく「腹八分目」といいますが、ダイエット目的ということではなく、食べ過ぎることへの弊害は、大昔からの知恵で知っていたのかもしれませんね。
そしてより効果を高める方法として、酵素ドリンクを併用するのです。

 

ファスティング時に活躍する「ケトン体」

ダイエットを促すのがケトン体です。
長寿遺伝子と呼ばれているサーチュイン遺伝子は、体内の脂肪が分解されてできる「ケトン体」により活性化されます。なのでこのケトン体がでることがとても重要なのです。
ケトン体は遺伝子の活性化だけではなく、集中力アップやストレスの抑制にも効果があると言われているほか、筋肉のエネルギーにもなります。
ファスティングによってケトン体が働くことから、筋肉を落とさずにダイエットができるわけです。
非常に有り難い方法とも言えるのですね。

 

酵素ファスティングのここがスゴイ・その3
脂肪を燃焼する

ファスティングは効果的に脂肪を燃焼してくれます。
食事を取らなければ、人の活動に必要なエネルギーは体内にある脂肪を使うしかなくなるからです。
先述の通りで、ダイエットはファスティングが身体に及ぼす影響の中では一部でしかありませんが、その目的の方が多いのは、その効果が実際に酵素ダイエットを行った方たちの中で実感として高いことからなのかもしれません。

 

デトックス効果

ファスティングで脂肪燃焼とともにデトックス効果が高まります。
これは先程述べた脂肪燃焼効果と関係していて、実は脂肪には有害物質が蓄積しやすいからです。
なので方法として、脂肪が燃焼されれば脂肪に溜まっていた有害物質も同時に排出できる、という仕組みなのです。
ダイエットとデトックス、一度で二度美味しいわけですね♪

 

ただここで一つ問題が・・・
ファスティングのそういった仕組みによって、有害物質が血液中に放出されて、体中を駆け回ることになります。
この毒素を身体の外にうまく排出できれば良いのですが、それがうまく出来なかった場合、健康には逆の効果を及ぼします。
では健康にダイエットするにはどうしたら良いのでしょうか…

 

酵素ドリンクがファスティングのサポート役に

古来からのやり方の、水だけの断食方法では、この毒素の代謝と排泄がうまくできない可能性も考えられます。
それは代謝にはビタミンやミネラルが必要で、有害物質などはメチオニンやシスチンなど含硫アミノ酸にくっついて排出されるからです。
そこで、活躍するのが酵素ダイエットドリンク。

 

 

含硫アミノ酸をはじめ各種栄養素のアミノ酸、ミネラル、マグネシウム、ビタミンが吸収のよい状態で含まれている酵素ドリンクを飲みながらファスティングを行うことで、デトックスが円滑に進みます。
芸能人が大幅な減量に成功するなど、注目されている方法です。

 

ただし、酵素ドリンクならどれでも良いというわけではなありません。
きちんと発酵され、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれた無農薬の野菜を原料としたドリンクが、ダイエットにはより効果的です。
無添加の製品は尚良いですね。

 

 

酵素ファスティングのここがスゴイ・その4

ファスティングを完了した後は味覚が変わります。
普段から外食が多い方は特に、濃い味付けや化学調味料などによって、味覚が麻痺しているもの。
ファスティングはそれを一旦リセットする良い方法なのです。

 

酵素ダイエットにより一定期間、固形物を摂らない期間をつくることで、濃い味や食品添加物、塩分過多な味にすっかり慣れて麻痺状態になっていた味覚はリセットされクリアになり、素材そのものの味を感じることができるようになります。

 

これは酵素ファスティングによって味蕾(みらい)といわれる味の感覚を司る細胞が修復されることや、味覚を電気信号として脳に伝える神経伝達がスムーズになる効果が理由として考えられています。

 

これによってダイエットしやすい身体(味覚)に改善されるという相乗効果もあるのです。
よく酵素ファスティング後の変化として
「味付けを濃くしなくても食べられるようになった」
「食品添加物や化学調味料の味に敏感になった」
などの感想が聞かれます。

 

そして結果的に食習慣が変わり、無理なく塩分を抑えられたり、マヨネーズなどの調味料によるカロリー過多にもならなくなったり、要するにダイエットしやすい身体に改善するのです。
体質改善の方法としても断食が注目されているのは、そういう面も含まれているのですね。

 

ダイエットだけでなく様々な利益をもたらしてくれる酵素ファスティングって、やっぱりすごいですね!

 

酵素ドリンクを選ぶポイント

近年はファスティングブームで、各メーカーから何十種類もの酵素ドリンクが販売されています。
謳い文句も「痩せる!」「人気!」「○○キロ減!」とそそる文字が並び
「おぃおぃ、そんなうまい話ありますか・・・」
と若干ドン引きしてしまうほど。

 

ファスティングには、ダイエットに効果のある酵素ドリンク選びが重要です。
気をつけて選ばないと糖分がたくさん含まれているものや、カロリー過多のものもあります。
逆に本格的な酵素ファスティングドリンクだと、原料は野草のみ、味はとても飲みにくくて続かない方が多いです。
1本数万円もする高価なものもありますが、続けられるダイエット方法として考えるにはコスパだって大事ですよね。

 

ドリンク選びには、一定期間以上の充分な発酵期間があり、酵素エキスを豊富に含んだものがおすすめです。

 

ファスティングに用いる酵素ドリンクは、きちんと自分に合った、安全で尚且つダイエット効果の期待できるものを選びましょう。

本気で痩せたいなら、無理なくできる酵素ダイエットがオススメです!

とは言え種類も多く、味も値段も様々なので、よく比較して自分に合うものを選択するのが重要。
酵素ドリンクおすすめランキングも紹介していますので参考にして下さいね♪

酵素ドリンク