MENU

成功率の高い減量方法!

酵素断食ダイエットって何だかキツそう…
リバウンドしちゃうんじゃないか…
そんなイメージありますよね。
実際に、効果がなくて痩せられずに失敗に終わってしまう方も少なくないようです。

 

 

どうすれば酵素断食をやり遂げ、尚かつリバウンドしないダイエットが成功できるのでしょうか?

 

なぜ断食には酵素なのか?

酵素には、様々なダイエットに効果的な作用があります。
そのため、最近ではすっかり断食と酵素ドリンクがセットで考えられるのが当たり前のようになってきました。
まずは断食になぜ酵素を用いるのか、その理由から見ていきましょう。

 

デトックス効果

断食と酵素の摂取を併せて行うことによって、身体のデトックス効果をより高めます。

 

基礎代謝を向上

酵素は基礎代謝を向上させる効果があり、その結果、脂肪燃焼を促進しダイエットをサポートします。

 

空腹感が抑えられる

空腹感を感じるのは、血液中の糖などの栄養分が減った場合で、実は「お腹が空いた」状態とは違うのです。
酵素ドリンクの栄養素は発酵と熟成により低分子化されているため、適切な速度で徐々に血液中に取り込まれるので空腹感を感じにくく、結果として断食ダイエットがし易いのです。

 

便秘解消・予防

積極的に取り入れることで、体内で酵素がスムーズに働き、便秘を予防、改善します。
お通じのリズムが整った、という意見が酵素ダイエット後の意見に多く聞かれます。

 

バリエーションが楽しめる

断食中は酵素ドリンクだけで過ごすことになりますが、同じ味だとどうしても飽きがきてしまいます。
酵素ドリンクは原液でも飲めますが、様々な飲み方が楽しめます。

 

 

ソーダ割り、紅茶割り、豆乳、ヨーグルト、野菜ジュース・・・
楽しみながら行う事が挫折しないダイエットの秘訣です。
但し、いずれも無糖やローカロリーのものを選ばないとダイエット効果が半減してしまいますのでここは気をつけましょう。

 

酵素断食で得られる「2つ」の効果

酵素ドリンクで断食を行うことによって得られるメリットは大きく2つあります。
まずひとつは、当たり前ですが減量、ダイエットの効果。
そしてもうひとつ、身体をリセットし、体内環境を改善してくれる効果です。

 

酵素を使わずに断食した場合、何も食べないことで痩せていくのは当たり前ですが、まず何も食べないことでメンタルのダメージが大きいことからリバウンド、栄養素が足りなくなって代謝が下がります。
お肌もカサカサになる等のリスクが伴います。

 

酵素断食ダイエットは、食事の代わりに酵素ドリンクを飲むことで必要な栄養素を摂取すると共に空腹感を抑え、体の負担を減らします。
体内環境をお休みさせ、普段は食べることで消費してしまう潜在酵素の温存、そしてデトックス、不要な毒素を出すことができます。
とても効果的な方法なのです。

 

酵素断食に失敗してしまうパターン

こんなに良いことずくめの酵素ドリンクのはずが、なぜ酵素ダイエットに失敗してしまう人が多いのでしょうか。
次に失敗してしまう要因を見ていきましょう。

 

準備期間なくいきなり始める

明日から酵素断食だから前日は思いっきり食べておこう!
という方がたまに居ますが、これは逆効果です。
前日に沢山食べることで、断食を始めてから、より空腹感を感じやすくなって苦痛が増します。
また消化の悪いものを沢山食べた後に断食をしても、その食物を消化するのに時間がかかり、酵素ドリンクのダイエット効果を半減させてしまいます。

 

生活スタイルとのミスマッチ

週末を絡めて酵素断食をする方が多いですが、必ずしも週末が適している訳ではありません。
休日だと時間に余裕があって食べ物に意識が向きやすかったり、テレビをつければどうしても食べ物のCMや番組が目につきます。
その点を考えると慌ただしく動いている平日の方が、酵素断食には向いているかもしれません。

 

水分を充分取っていない

酵素ドリンクだけでなく、断食中は水分を充分に取らないと、酵素は効果的に働くことができません。
意識して水分を多めにとる必要があります。

 

ダイエット手段の勘違い

例えば、2食置き換えの酵素断食(プチ断食)の場合、朝昼を置き換えたから夕飯は何を食べても良いだろうと考えて、いきなり脂肪分や糖分の多い食事をしてしまうと、空腹の続いた身体は栄養分を吸収しやすい状態になっているために、返って逆効果になってしまいます。
正しい手順で行うことが重要です。

 

自分に合わない酵素ドリンク

酵素ドリンクには色々な種類があって、配合成分もさまざま。
味もジュースのように飲みやすいもの飲みにくいもの、甘いもの、酸っぱいもの、色々です。
飲むのが苦痛になって挫折してしまうパターンも多いので、自分に合う酵素ドリンクで行うことがポイントです。
継続しないと、そもそも効果は得られません。

 

酵素断食に最適な時期って?

いつダイエットするのが一番効果的なのでしょう。
まず、季節の変わり目は、同時に体も変わり始める時です。
夏は気温が高いので基礎代謝が上がりにくい季節ともいわれてます。
秋は気温が下がり始め、基礎代謝を上げて体温を維持しようとします。
ダイエットに効果的な季節は実は秋〜冬の時期なのです。

 

ただ、中には夏場の方が夏バテ状態で、ただでさえあまり食欲が湧かないから、ドリンク類ばかり飲んでしまう夏の方がやり易い、という方もいらっしゃいますね。
夏バテに便乗してダイエット(?)もありかもしれません。

 

 

また、女性の場合、1ヶ月ごとのサイクルも気にした方が良いです。
生理中は栄養を蓄えようとします。
この期間にダイエットしようとしてもうまく行きません。

 

逆に生理の開始日から数えて8日後〜14日目は、蓄えようとしていた身体を元の状態に戻そうとする時期です。
そう、この時期がまさにダイエットのゴールデンタイム!

 

この時期を狙って、下記に紹介する酵素断食3日間(準備期・回復期含め1週間)プランを実行すれば、成功率はグンとUPします♪

 

効果的な3日間断食(1週間)ダイエットプラン

まずは3日間の酵素断食にトライしてみましょう。
酵素ダイエットの期間自体は3日間ですが、準備期間と復食期間それぞれ2日の計1週間です。
目標の減量数値は、個人の体型によってまちまちですが2〜5kg減!
酵素ドリンクを上手に活用してキレイにダイエットを目指しましょう♪

 

 

準備期間(1日目〜2日目)

酵素断食の前準備として、少しずつお腹を軽くしておきます。
直前まで満腹な状態で断食を始めてしまうと空腹感を強く感じやすく失敗します。
酵素を身体に徐々に取り入れる目的で1日目と2日目の朝はサラダがおすすめ。足りなければヨーグルトやバナナを足しても構いません。

 

1日目の昼食と夕食はローカロリーのお蕎麦や和食にします。
2日目は胃がお休み段階に入る準備として、蒸しパンやうどん、にゅうめんなど、消化の良いものを食べましょう。
くれぐれも明日から酵素断食だからと言って「ダイエット前の食い溜め」なんて行為はNGです!
ここは、相当に重要なポイントです。

 

酵素断食期間(3日目〜5日目)

いよいよ開始です。
3日間は3食全てを酵素ドリンクに置き換えます。
断食なんてできるかしら・・・と不安になりますが、酵素は空腹感を抑える効果がありますので、案外辛くないものです。
この期間は水分をたくさん取るようにしましょう。
酵素ダイエットに効果的な量は1日1.5〜2リットルぐらいが目安です。
お昼の分はあらかじめお水などで割ってペットボトルや水筒に入れて持ち歩いてもOKです。
ソーダで割るとより満腹感が得られるのでおすすめの飲み方です。

 

復食期間(6日目〜7日目)

酵素断食が終わったからと言って、いきなり普段通りの食事に戻してはいけません。
断食で体重が減ったことで「痩せた!」と実感もありますがまだまだ完全に体質改善されているわけではありません。
ダイエットはまだ途中の段階と考えてください。
ここで食べたいものを好きなだけ食べると、酵素断食で体が飢餓と感じている状態ですので吸収しやすく、簡単に脂肪になり、せっかく頑張った断食の意味がなくなる結果になってしまいます。
休んでいた胃や腸などを徐々に復活させるつもりで少しずつ普段の食事に戻すようにします。
3日間の酵素断食で胃が小さくなってますので、少しの食べ物でも満腹感が得やすくなっていますので安心してください。
最初はお粥と具なしのお味噌汁から、昼食もお粥がベターですが、食べたい場合には蒸しパンやにゅうめん、大根のトロトロ煮など消化の良いものに。
冷たいドリンク類も避けましょう。

 

 

7日目の朝食はバナナとヨーグルト程度、昼食からは普段の食事に戻りますが、脂肪分や等質の高いものは避け、和食中心の軽めなものにしましょう。

 

酵素断食でおさえておきたいポイント
我慢は禁物

酵素断食の最大のポイントは、我慢しないで断食できて痩せられると言う点です。
全く我慢がないという事はありませんが、酵素による空腹感を抑える効果や栄養補給、浄化、様々な効果によりダイエットを成功に導きます。
どうしても空腹感が抑えられない場合は、梅干し(食品添加物不使用のもの)や具なしのお味噌汁を飲んでもOKです。

 

酵素断食が最適か…

同じく完全な絶食に大きな負担を感じる場合には、少しダイエット期間が延びてしまいますが、1食のみを酵素ドリンクに置き換え、2食置き換えなど、自分に合ったスタイルに変更する事もひとつの手段と考えましょう。

 

好転反応を理解する

もうひとつ留意したいのが、酵素断食の好転反応といって、頭痛、だるさ、眠気、下痢などの症状が強く出る方が居ます。
この症状は名前の通りで身体が好転する過程で起こる反応ですので、悪いものではありません。
体に溜まっていた毒素や老廃物が排出される過程で起こります。
人間の体は、乱れた食生活、疲れ、過度のストレスなどで病気や老化がどんどん進んでいきます。
そこで酵素断食をしてあげると体内のサビが取れ、ダイエットと同時に元のきれいな体に戻すことができます。
要するに毒素がたくさん溜まっている人ほど酵素ドリンクによる好転反応が強く出る可能性が高いとも言えるのです。
多くの場合は安静にすることで治まりますが、我慢できないほど辛い場合には酵素断食は中断して、お粥やうどんから始め復食しましょう。

 

ダイエットは復食期間が肝心

3日間の酵素断食が終わると体重も減って安心して、すぐに以前の食生活に戻してしまうのが一番NGです。
断食後は栄養を吸収しやすいだけでなく、いきなりヘビーなものを食べると胃に負担がかかり、体調を崩しかねません。
適量の酵素ドリンクも上手に併用して徐々に普段の食事へと戻していきましょう。

 

3日間の酵素断食で必要なドリンクの量は?
ベルタ酵素ドリンク

1日あたり180ml 〜 210ml が適量なので、ちょうど1本分ですね。
断食後も体質改善、健康維持の目的では1日1回継続して飲み続けた方が良いので、割安になり酵素サプリもおまけで付いてくる2本セット(通常ダイエットパック)の購入がおすすめです。
<2本セット> 10,200円(酵素サプリ2,500円相当つき)

 

お嬢様酵素ドリンク

1日あたり300ml 〜 360ml が適量なので、3日間分は約1本半。
こちらも継続とコスパを考えると2本セット、3本セットがおすすめ。
お嬢様聖水(植物発酵エナジーダイエットドリンク)がおまけで付きます。

 

<2本セット> 7,980円(お嬢様聖水4本つき)

 

ミネラル酵素ドリンク

ホームページでは酵素断食の際の適量にふれられていませんが、1回あたり25ml 〜 30ml が適量なので、3日間で300ml弱。1本あれば充分ですね。

 

<1本> 3,980円 ・ <2本セット> 7,164円

 

優光泉酵素ドリンク

こちらの飲み方は酵素断食ダイエットの場合、1回20miを9回以上飲む、とあります。
1日あたり200ml以上必要なので、3日間分は1本と少し。
おすすめは梅味とスタンダードの2本セットです。味のバリエーションが楽しめて、炭酸水2本、おまけでついてきます。

 

<2本セット> 7,992円(炭酸水2本つき)

本気で痩せたいなら、無理なくできる酵素ダイエットがオススメです!

とは言え種類も多く、味も値段も様々なので、よく比較して自分に合うものを選択するのが重要。
酵素ドリンクおすすめランキングも紹介していますので参考にして下さいね♪

酵素ドリンク